--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.08.27

秘】レストラン立ち上げの裏側

更新、だいぶご無沙汰してしまいました。。。。

で、何をしていたかというと、実は新しいレストランの立ち上げをしていました!


8月の頭にはこうだったのが、、、
CIMG9015.jpg

こうなりました!
引き渡しの日の様子なので、まだセッティングされてませんが、
スペインらしい、赤の壁。奥にはカウンターとシックなテーブル席。活気のあるオープンキッチン。
右側の5mの黒板には、自慢のメニューが書かれる予定。
CIMG9029.jpg

壁や天井の色や、椅子、テーブルまで自分たちで決めます。

店の目印のライトブルーのネオンサインは、職人さんが一つ一つ丁寧に曲げて作ってくれたもの。
入口も全開になるので、この季節はとっても気持ちがいい!
CIMG9030.jpg



そして、いよいよ明日8月28日(金)麻布十番にオープン!

~新感覚のスペインバル~
PACO DIEZ(パコディエス)
港区麻布十番1-4-3 
03-3560-6797

メニューも、本場スペインのハモンイベリコやアヒージョなどの定番タパスから、
旬の素材を使ったその日のグリルなど魅力的なメニューが400円台から楽しめる!
名物料理は、魚介のうま味たっぷりのスープを使ったOlla(オジャ)。
日本のオジヤの原型と言われている絶品のお米料理です。
デザートも自信作がずらり。バナナのティラミスやキャラメルのクリームなど、魅力的なスイーツをご用意してます!!

自分でも行くのが本当に楽しみ!なお店です。

ただし、長く地元の人々に愛されるお店にしたい、ということで、
最初はスロースタートで。メディアへの告知も敢えてしばらくやりません。
まだ誰も知らない超穴場のお店になること間違いなし。

ひとりひとりのお客様に満足してもらえるよう、サービスも料理も
高いレベルを目指して頑張ります。




スポンサーサイト
Posted at 22:48 | その他 | COM(2) | TB(0) |
2009.08.15

銀座裏路地の絶品寿司

すし 金子
http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13042127/
東京都中央区銀座6-4-16 花椿ビル 1F
TEL 03-3571-3577

銀座の裏路地にひっそりたたずむ「すし 金子」
8月のまだ暑さが残る夕方に伺いました。

CIMG8887.jpg

ここはつまみが豊富でおいしい。
こちらはサンマ、皮を軽くあぶって。
ほかにもアワビなど、おいしいつまみがいろいろでてきます。

CIMG8891.jpg


お寿司も私好みの小さいシャリ。
うにがこぼれおちそうです。
CIMG8898.jpg

きれいに磨きこまれたカウンターで、おいしいお寿司と謙虚で素敵なご主人との会話。
おなかいっぱい食べてお酒も合わせても13000円程度。

このクオリティと雰囲気、そして銀座でこのお値段はお得です。

Posted at 13:32 | 銀座 | COM(0) | TB(0) |
2009.08.01

もうサービスのプロはいらない?

先日レストランのオーナーをしている友人とご飯をしました。

とっても素敵な女性で、私の大好きな友人/先輩なのですが、
その彼女が最近オープンしたお店で、なかなかなよい店長が見つからないと悩んでました。

一方で、そのお店では、作家や演劇をやっている人にパートタイムで働いてもらっているのだそう。サービスのプロではないけれど、そういう人のほうが、人間として深みがあって、お客さんの気持ちもわかる。なまじ経験があって、飲食のプロと思っている人のほうがお店のコンセプトが理解できなかったり、頭が固かったりと、なかなかうまくいかない。

この言葉に、はっと目がさめました。
私自身、レストランの求人をするときに、「レストランで経験を積んできたプロがよい」というふうに思い込んでなかったかなと。でも実は、今のお客さんが求めているのは、そういうことではないのかな。


私もこの間、この間、近くのお蕎麦屋さんに夜ごはんを食べに行ったとき、こんな経験がありました。そのお蕎麦屋さんに入ると、広い場所はたばこを吸っている人がいたので、あえて禁煙の狭いテーブルについたら、

「あら、狭くないかしら、こちらに移ります?」
「狭くてごめんなさいね」と3人位の店員さんに声をかけられました。

普通は担当別にテーブル割がしてあるはずなので、3人も声をかけてくるとはないはずなのですが、悪い気はしないですよね。また、つまみに何をたのもうか迷っていると、「これよりこっちのほうがおいしいわよ。」なんて進められたり。ちょっとおせっかいなところが、また楽しかったりします。

ちょっと素人っぽくても、楽しい店。店員さんとのかけあいが心地よい店。
これからはそんなスタイルの店が求められていくようになるのかもしれません。


☆ここで店員さんが楽しいレストランを紹介
・ 葡萄屋
店員さんは着物のすてきなおばさんたちです。知り合いの家に行ったような安心感。
めちゃくちゃおいしい鴨鍋と焼き鳥が楽しめます。
・ La BISBOCCIA
これぞイタリアという雰囲気の広尾のイタリアン。
イタリア人のウェイターさんたちが陽気に迎えてくれます。

Posted at 12:00 | その他 | COM(1) | TB(0) |
<ここからトラッキング>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。